UpToDate 情報画像(日本語版) 無料版をご覧ください:

60 件以上の調査で、UpToDate の利用拡大が患者ケアと病院パフォーマンスの向上に関連することが確認された理由がわかります。

名*
姓*
メールアドレス*
電話
役職名
職務内容*
組織/病院*
郵便番号*
60日間無料試用についての情報を希望する。
UpToDateに関する最新情報のEメール送付を希望する。
貴施設では、臨床意思決定支援システムの導入を検討されていますか?

ハーバード大学の研究により、病院における UpToDate の導入が救命に直接関係していることが判明1

この研究により、ポイントオブケアで UpToDate を活用することの重要性が裏付けられました。

UpToDate を導入した病院の実績:
  • 死亡率の低下 – 3 年間で 11,500 人の患者を救命
  • 入院期間の短縮 – 1 年あたり入院日数を 372,500 日短縮
  • 病院の品質の向上 - 「病院の品質に関する提携プログラム」(Hospital Quality Alliance) の評価基準に基づき、すべての条件において品質パフォーマンスが向上

ビデオをご覧ください。

Use of UpToDate and outcomes in US hospitals. Isaac T, Zheng J, Jha A. J Hosp Med. 2012 Feb;7(2):85-90. doi: 10.1002/jhm.944. Epub 2011 Nov 16.