UpToDateのCDS Eブックをダウンロードして、エビデンスに基づいた医療の実践を行うために倉敷中央病院がUpToDateを選んだ理由をお確かめください。

姓*
名*
組織/病院*
メールアドレス*
電話*
役職名
職務内容*
購入プロセスにおけるご自身の役割についてお聞かせください。*
私に連絡してください
UpToDateに関する最新情報のEメール送付を希望する。

UpToDateは、世界中で25,000以上の医療施設で採用されています。日本でも、500施設を超えるDPC対象病院など、以下をはじめとする多くの主要な病院で使用されています: 

倉敷中央病院(岡山県)地域医療振興協会(JADECOM)について聖路加国際病院(東京都)東京大学医学部附属病院亀田メディカルセンター(千葉県)慶應義塾大学病院(東京都)神戸大学医学部附属病院(兵庫県)京都大学医学部附属病院手稲渓仁会病院(北海道)

賢く決断。優れたケア。

 

Eブック:エビデンスに基づいた臨床意思決定支援システムをポイントオブケアで使用して、患者アウトカムを向上

医師は日頃から、患者の治療中に、回答できない臨床上の疑問に直面しています。ある調査によると、臨床上の疑問の60%は回答が得られないままですが[1]、臨床医はそのような状態のまま、患者ケアに関する判断を下さなければならないことが示されています。

EBMのポイントオブケアでの実践には困難が伴いますが、エビデンス収集・情報吟味済み(pre-appraised)の臨床意思決定支援(CDS)システムを利用することで、医療従事者は最善のエビデンスを容易に使用して、患者アウトカムの向上を促進できます。他の医療IT投資と比較すると、臨床意思決定支援システムは比較的安価で導入しやすく、臨床医の評判も上々です。また、病院、臨床医、患者に幅広いメリットを提供します。

この新しいEブックは、以下の主要点を検討することにより、CDSへの投資からメリットが得られるかどうか判断する手助けとなります。

    • ​エビデンスに基づいた医療(EBM)をポイントオブケアで実践すべき理由
    • エビデンス収集・情報吟味済みの臨床意思決定支援(CDS)ツールをポイントオブケアで使用すべき理由は?
    • ポイントオブケアでのCDS使用で、意思決定はどのように変わり、アウトカムはどのように向上するのか?
    • すべてのCDSソリューションが同じように作成されているわけではない

UpToDate日本語ホームページがOPENしました http://www.uptodate.com/ja